この環境で「トリル」と「役割集中」が絶滅危惧種な訳

 前回の記事で私は今マニュシャンで悪戦苦闘しているということはお話ししましたが、今回はその考察から出てきた副産物です。

 シャンデラといえば襷を持たせてトリックルームからの置き土産!が鉄板だというのはわかっているんですが(実際パォンさんも大体その型ですし)そもそも「この環境でトリル軸ってほぼ見ないよな……」と思いその理由を考えてみました。

 といっても自分が考えて出した結論は「トリルはトリル下で相手のポケモンをワンパンできないと強くない!」という至極真っ当なものでした。
だってそうでしょう、トリルを決めてエースを着地させる時点でトリルターンは残り3ターンしかありません。しかしこの環境の禁伝というのはどいつもこいつも耐久が馬鹿げていますから一発では倒せません、となると一体目の禁伝を突破した時点で残っているトリルターンは?はい、そうですね残り1ターンです。これでは死に出しダイウォールダイマ技でGGです。トリル下でDM無しで相手のポケモンを突破できれば相手に先にDMを切らせることができて後発DMで巻き返すことができる、という考え方もありますがそれもうトリル無しでいいじゃん!

 ……まあトリルがこの環境で死滅しているのはこんな理由じゃないか、という軽めの考察でした。ただ、シャンデラの強みは「補助技が豊富で特性も優秀な特殊炎アタッカー」ということはわかりましたのでトリル軸含め諦めず考察していきたいと思います。

 で、もうひとつの役割集中についてをなぜ考察しようと思ったかといいますと「ザシアンの相方全員特殊じゃない?ていうかなんで黒バド+カイオーガみたいな構成っていないんだろう?」と思ったのがきっかけです(物理イベルタルとかいう特大級の例外はいますがあれは奇襲型というか特殊前提での型誤認が狙える利点があるという考えの元除外させてください)。
 これにもかなりこの環境特有の事情が絡んでいるんだと思います。まず、この環境でメジャーな受けポケというとラキヌオーポリ2の3強だと思いますが、この内ラキヌオーは禁伝の型によっては1体で崩せることもあるし、逆に2体がかりでも崩せないこともある、といった性質のポケモンです。そしてポリ2の対策としてはむしろ物理と特殊の両面で崩すのが一般的ですよね。そう考えると役割集中する必要がないといいますか、不利対面でもある程度仕切りなおせるように物理と特殊で攻め方を分散させるのが合理的なのではないかという考えです。
 それに、DMや禁伝の影響で8世代では「受けで消耗させて攻めでスイープする」という受け切りを諦めた構築タイプが流行しています(これが「戦略の進化」なのか「戦略の適応」なのかは9世代以降を見てみないと何とも言えませんが)。そう考えると役割集中というのは槍の矛先を見失い形骸化した概念なのでしょうか。


 結構長く書いてきましたが、ザシアン以外に対面的な物理禁伝が見つからなかった、という案外単純な理由な気もしてきました。積み構築やサイクル構築では禁伝の物理・特殊が偏ることは構築記事を拝見した感じ結構な例がありましたし。

ニコニコ超会議2022 オフレポ

時候の挨拶

 はい皆さんお久しぶりでございます、最近ポケモンあまりやってないし前期もろくに結果残せなかったマニュ―ラ戦士のきてふわです。先日コロナ禍になってから初めて大規模なライブイベントであるニコニコ超会議2022に初参加してきましたのでポケモンオフレポよろしく感想記事を書いていきたいと思います。(私がほとんど写真撮らない人なのでイメージが湧きにくいと思いますがご容赦ください)。

 

1日目

 

↓超会議来た実感めちゃめちゃ沸いた × 小さなコメントよく読むと激アツだった↓

 一番早い10時入場のチケットを取っていたのですが夜行バスの到着が早かったこともあり7時半ぐらいには待機列に並ぶことができました。

まあ入場する前に事前に割り振られた整理番号で整列するので早く並んでもあまり得はないんですが、待機時間の間にいろんなコスプレをしている方を見られたのはよかったです(全身タイツの紫ピクミン、電子レンジ程の大きさをした金属製のSwitch被り物をしたマリオ、ジェイソン……)。

友人2人と一緒に参加する予定だったのですが彼らはボカニコ第1部参加なのでひとまず各自行動。

←入場時、ワクワク止まらん。

 開始速攻でボーマス(ボカロの即売会ブース)に突撃、色々なボカロPの方とお話しすることができました。(ここから息継ぎ無し)

早めに行ったのでキノピオピーさんのブース空いてた生ピノキオピーだヤッター!

高校の文化祭で「Rebuild!」(2020ニコニコネット超会議テーマソング)と「Jump for Joy」を流したことがあるのでRenoさんとEasy Popさんにこれらの楽曲が大好きなことを伝えられてとっても嬉しかったです!

あとのぼる↑さんにモノクロ☆ブルースカイ(10周年おめでとうございます)、*Lunaさんにはエイムレスウォーカーが好きだと伝えられたのもよかった!

オワタP、ぼーかりおどP、EVERGREEN LELAND STUDIOの方々のCDもゲット、そして一二三さんと桜餅ルナさんにはサインまで書いていただきました、感謝感激雨あられです!(ここで息継ぎ)

 ↓1日目の戦利品、どう見ても買いすぎですねこれは……。

    👆ちなみにこれはスチームパークで購入したポーション

 この後はスチームパーク(スチームパンクな商品が並ぶブース)や超NFT展など会場のいろんなブースを楽しんでいました。
 スチームパークはほとんどの商品は髪飾り:8000円みたいな価格設定で手が出せなかったのですが客引きのお姉さんにお勧めされてならんでみた勇者ハマーダさんのお店でポーションも3200円で購入。スチームパークではほかにもライブショーなど開かれていて楽しかったです。
その隣の超演奏してみたブースでは小学生ぐらいの子がおジャ魔女どれみとかナイト・オブ・ナイツとか往年の名曲を華麗に弾きこなしていてびっくりしました(よくある感想)。そういえば2日目HALL3に戻ってきたときにいろんな演奏者がハピシン演奏してたのは疲れた心にしみわたりましたねー(時系列ぐちゃぐちゃ)。

 11時からHALL8でVMusicのDJが始まるのでそちらへ移動。ついでにボカニコ2部の整理券をもらいに行ったのですが、なんとその時点で3部の整理券完売してました!確かにテキサム、ATOLS、きくおの並びはつよつよだけどそんな早く捌けるもんかー、明日の3部整理券頑張って取らにゃ、と気を引き締めました。Vmusicはトップバッターのゆべしさんという方のDJを聞いたのですが、どの曲も初めて聞く曲なのにもかかわらずめちゃめちゃノれました。いやーすごかった、いろんな曲調を自在に繋げていてその上手さに戦慄しました。それにしてもVDJでかかる隣町本舗の曲は非常に正解、優勝。……なんて感じで気持ちよくDJに酔いしれた後次のDJまでのMCが挟まったのですが、あろうことか私はそこで立ち去ってしまったんですよね、次がKOTONOHOUSEだったのに!現地で「え アタシ!?」が聞けたら成仏できただろうになぁぁぁ、アホでした。

 物販に並んでTシャツとペンライトを買っていたらHeavenzさんのDJに遅れてしまうという悲報でしたが、気を取り直してピノキオピーさんとえいりな刃物さんのトークショーを聞きつつ超絵師展を閲覧、第2部に向けてコンディションを整えていました。

 

 さあ、おまちかね第2部でございます!

 トップバッター、はりーP!バラードで盛り上げられるのは繋ぎが非常にスムーズだからですねー、すげーや。静かにこちらの心を押してくれるような元気をもらえるパフォーマンスでした。ハリーPの曲だと私はやっぱり『声』が好きですねー。ミクの感情のうねりがこちらの心の中にまで押し寄せてくるかのようなサビの後に間奏やアウトロの静かな時間でその悲しさを嚙み締める、あの一連の流れが大好きです。

 2番手、Easy Popさん!ニコ生の突発DJ配信でそのRemixと繋ぎの上手さに驚き、当日ボーマスでお会いした時も「今回のDJもあんな感じでやるよ」と言ってらしたのでめちゃめちゃ楽しみでした。本番のパフォーマンスはもう期待をさらに超えてきましたね、サビの熱狂が終わったと思ったら次の曲が聞こえ始めるわけですが、その曲が毎回毎回我々の求める正解すぎました!もうねー、特に最後『Jump for Joy』が流れたとき!私この曲が学園祭のDJで2年連続流すぐらい大好きなのですべての感謝の念を込めてペンライトと体振ってました。

 3番手、YASUHIROさん!2年前のネット超会議の時にボートの上でDJしていた印象の人。実際にDJを生で体感してみると川でDJしていた理由がわかりました、この人のDJ清涼感がすごかったです!どのボカロPも自分の個性を出しつつ盛り上げる技術を確立していて本当にすごいですね、今までこの人を良く知らなかったのが本当にもったいないわ~。修行してまた出直します。

 第2部トリ、ヒゲドライバーさん!入りから『ボカロPになりたい』はずるじゃん、感情ブチ上がっちゃうでしょそんなん……!ネタ成分も多めなのにめちゃめちゃ盛り上がれるのはやっぱネタ曲も純粋に曲としていいからですよねー。最後の『弊社御社』からの『マイティボンジャック』の流れで、サビの「Hey,ジャック!」という掛け声を心の中で「弊社!」って言ってるのが楽しかったです(小並感)。コメントも弊社一色でやっぱニコニコっていいな……、って気分になってましたねー。

 

 ……と、第2部ですべての力を出し切るぐらいに楽しんだわけですが、第3部の最初がDJ’TEKINA//SOMETHINGということでこれは聞きたい!と朝昼食べてないにも拘らず突撃することに。

 結果:最高!!!

 

 人生で経験してきたDJライブの感動が塗り替えられました!この感動をうまく伝えられる言葉を持たない自分が不甲斐ないです。ビルドアップで盛り上げた後にサビ前にアレンジを挟んでさらにブチ上げるテキサムおなじみの手法があるわけですが、ボカニコという観客がその曲を知っている前提の場でのあの手法は犯罪ですよ、盛り上がるに決まってる!! そしてまたラス前に挟まるMCが感動的なんだなこれが……。皆でこれまでの2年間の思い返して、今ここに集えていることに感謝して、そして最期に消失のRemixで限界まで腕を振る。会場の心が一つになった瞬間でしたね、生涯にたった一度でもいいから私もこんなDJがしてみたいと思った間違いなく私の人生のターニングポイントになるようなパフォーマンスでした。

 

 テキサムのDJで初対面のお兄さんと感動を共有しながらめちゃくちゃ盛り上がった後、ATOLSを聞き終わった友人たちとご飯を食べるためにここで初めて正式に合流。友人たちも第1部のyuigotさんにぶっ飛ばされたりして燃え尽きていたので皆でゆったりお昼ご飯(午後4時半)。食べた後も活動しようと思っていたんですが、いざ食後になると1日の疲れがどっと来たので超絵師展を見てそのまま帰ることに。千葉駅に行ってマックを食べつつ1日の振り返りをして、そのまま解散しました。

 

2日目

 遅刻して10時付近の入場だったんですけど問題なく入れてありがたかったです(反省)。この日はほぼ1日ボカコレに張り付くと決めていたので、事前にささっとボーマスを回ることにしました(第1部と2部の間にも行きましたが)。

↓ニコニコ年表でも擦られ続ける繚乱の黒歴史、「✟聖騎士紅桜✟

 

↓2日目の戦利品、なんだかんだいろいろ買った。

 

 2日目しか出展していなかったbuzzGさんとマンボウPさんのCDをゲット、そして会場を回っていたら流れで市瀬るぽさん&いるかアイスさんのCDとSPACE ELECTROのCDも購入しちゃいました!会場の醍醐味はこういう一期一会だから仕方ないね。1日目の感想をEasy Popさんに言いに行ったりRenoさんに「今日のpiccoさん楽しみですねー」みたいな世間話をするついでにお品書きで気になっていたCDを購入。CDはなー、DJのための投資だからいくら買っても問題ないのだ!

 

 2日目のボカニコの感想は当日にツイートしているのでコピペでご勘弁ください。

いるかアイス・・・特に後半のキラキラワクワクがノンストップなところが大好きでした!朝から爽やかテンションMAX!

いよわ・・・感情ほとばしるそのDJ姿は新たなる教祖の誕生!いよわ教生まれたって。

higma···ピノキオピー→higma→ピノキオピー→椎名もたにつながる流れが最高すぎた、是さんの「いれない」が流れたときは感動しました!

ちいたな・・・次々と襲い来る神曲の数々に圧倒された、この人プロのドラッグ配合人だよ!(もちろんいい意味)

picco···ボカロEDMは本当に最高、バカみたいにずっと頭と体とペンライト振ってた。「Rebuild!」流して頂いて本当に感謝!!

栗山夕璃···千本桜Remixもパンダヒーロー+マトリョシカも素晴らしかった、最後にPaletteは感情が飽和しちゃうからダメだって言ったじゃん!?

鬱P···体痛めつけながら頭振ったりペンライト振るの快感すぎる、これが鬱Pの魔力なんですねぇー。そしてそれを支える確かな繋ぎと煽りの技術。

八王子P···誰こんな最高な男に大トリを任せた人は?2日間の俺らの感動すべてが一つになった、本当にありがとうございます!!

 

 ……楽しかったという当日の雰囲気が少しでも伝わればいいなーと思います、感動の種類は無限大でしたわ。 【懺悔と感謝】Renoさんに「Rebuild!かかると思うよ」と言われていたので、piccoさんが本当にかけてくれたとき「よっしゃ!」と思わず叫んでしまいました、申し訳ないです。あと、電池の切れかかったペンライトを振り回していたときに替えの電池をくださった女性の方本当にありがとうございました。

 

 八王子Pが終わってからまた皆でお昼ご飯、この日は多少体力残っていたのでHALL9~11のほうへ足を伸ばしてみました。友人たちの楽しみにしていたコンパスステージはちょうど終わってしまいましたが、マニアフェスタや超ゲームエリア、薬理凶室にクリエイターマーケットと歩いて回るだけでもワクワクが止まらなかったです。本当にニコニコ超会議は体が足りねぇ……。後、マニアフェスタの会場で原宿さんと古川さんを目撃できたのはよかったです。そんなこんなで閉会の蛍の光も流れ始めたので帰ることに、最高の2日間でございました。

幕張駅前に演奏してみたでおなじみのabeshiとケロリンさんがいました。

 

総括

 初めての参加でしたがめちゃくちゃ楽しかったです、もちろんボカニコも楽しかったけどいろんな企画が地上で活性化している様子にニコニコ民のすさまじいバイタリティを感じました。自分もニコニコに動画投稿している身ですので、来年以降は企画にたくさん参加して超会議を一緒に盛り上げる側に回りたいですね。とりあえず、プレミアムの特権でいろいろタイムシフトを見れるので、まだまだゆっくり楽しみたいと思います。

 

 改めてこの超会議に関わったすべての人に感謝を。我々はネットの海でいつでも繋がっています、来年またここで会いましょう。

 

第2回竜舞オフ オフレポ

 ども皆さんお久しぶりですね、きてふわでございます。え、なんで1か月前のオフレポ書いてるかって?大学生活とか他の趣味にかまけてサボってましたすみません……。

 しかしやっぱりオフに参加したからにはオフレポ書きたいですし、構築の改善点などもメモとして残しておきたいので書くことにしました。
ちょうどHazeとかポケリーグとかいろいろなオフのオフレポが投稿されていますので、そのついでに読んで頂けますと幸いです(それにすら乗り遅れている気がしますが)。

〈注意!〉今回の構築は正直見るに堪えないクオリティですので、オフ当日の描写まで読み飛ばすことをお勧めいたします。

 

構築経緯

 今回の構築は第5世代から続く古の並び、マニュシャン(マニューラシャンデラ)になります、実は使うのは初めて。始まりは同じくマニュ―ラ使いということで仲良くさせていただいているパォン・デ・ローさんが「このルールマニュシャンいける気がする」と言っていたことからですね。強くなるための目標の一つに「いろいろなタイプのマニュ―ラ構築を使いこなせるようにする」というものがあったのでこれ幸いと考察を始めました。

マニュシャンの型決定
 この伝説2体環境という中でマニュシャンを生かす道は「伝説と組み合わせることでザシバド・ザシイベルに対しての勝ち筋となる」だと思っています。今回は、マニューラはザシアンに弱すぎるので襷カウンター型、シャンデラはスカーフを持っても最速ザシアンを抜くことができないので交代際の負荷を考えてHC眼鏡型にしました。
 
伝説枠プラス補完枠の決定
 ザシアン軸はザシアンさえ削ればゼルネで全員ボコせるなーという安直な考えのもとゼルネアス、このままだとステロ+ザシアンで崩壊するのは目に見えているためザシアン受けとしてHBゴツメ日食ネクロ、オーガやばすぎトリトドン助けてー、地面と霊の一環やばいなー、HBポリ2なら何とかしてくれるだろう。
 ……はい、お察しの通りガバガバですね。構築組むの初めてなんですか!?っていうぐらいひどい構築が出来上がりました。受験で離れてたとか、伝説環境触ってこなかったとか言い訳のできないぐらいにぐちゃぐちゃですね。あと4か月の間に精進を重ねたいと思います。

型紹介

 正直今回の構築ひどすぎて語ることないんで努力値振りと技構成のみでご容赦ください。

マニューラ@襷 せっかちAS252H4 トリプルアクセル 地獄突き リフレクター カウンター
 【豆知識】マニューラは凍える風orローキック、リフレクター、バークアウトを覚えるので一応ゼルネアスの支援ができます。

シャンデラ@眼鏡 控えめHC252D4 大文字 シャドボ エナボ トリック
 この前のめりな構築において起点回避ができないのは致命傷なので拘らずに置き土産を採用する型にすべきですね。

ゼルネアス@パワフルハーブ 控えめH108C252S148 ジオコン 雷 身代わり ムンフォ
 強いですが採用する技の組み合わせが非常に難しいポケモンだと感じました。身代わりで勝った試合も雷で勝った試合もドレインキッスなら勝った試合も気合玉なら勝った試合もありました。このポケモンは補完枠だとどの技を採用するかが難しいので、それこそシグマさんのHBラスカ型のように構築の軸として据えるべきだと感じました。

日食ネクロズマゴツゴツメット 呑気HB252D4 メテオドライブ フォトンゲイザー 瞑想 月光
 HBでザシアンを受けるというのはメジャーな型かつ実際にたくさんの方が結果を残されている型ですが、個人的には非常に評価が低いですね。瞑想やコスモパワーで詰ませる弱保型の「詰ませ性能と瞬間火力」や珠を持った竜舞アタッカーのような「お化け耐久と高火力」に比べて「ザシアン受け+ある程度の瞬間火力」の両立がコンセプトのこの型というのはこのポケモンのポテンシャルをほとんど殺している気がします。

トリトドン@残飯 生意気HD252B4 熱湯 欠伸 守る 自己再生
 メタられ過ぎていました、もう使いません。そもそもザシアンに対するヌオーと違って、瞑想や零度で吹っ飛ばされる不安定さがあるのであまりオーガ受けが遂行できませんでした。安易に採用したら環境に対する知識不足で痛い目を見た典型例ですね。

ポリゴン2@輝石 呑気HB252 イカサマ 電磁波 凍風 自己再生
 絶対に起点回避されない強い意志を感じる技構成。無難にまあまあ強かったですが、この大怪獣バトル環境の中ではいささか数値不足感。丸くなるポリ2が注目された理由がよくわかりました。

オフ当日

対戦が始まるまで
 早く行き過ぎたのか会場一番乗り、しかしオフ会2回目の初心者かつ陰の者だったのでしばらくおとなしくしていました。とはいえ、リホウさんの枠でお見掛けしていたみたらしさんに初めてお会いできたり(みたらしさんポケリーグオフ準優勝あらためておめでとうございます!)、第5回真皇杯東海予選でお話ししてからずっと憧れの人であるやっすんさんを観測したり(お話しできたのは決勝トーナメントを観戦している時)、そもそも主催のらんのすけさんも初対面だったのでお話しできたのがうれしかったりとかなり充実した時間でした。対戦のテーブルに移動してからもZeonさんやオクトさんが気さくに話しかけてくれたり、てつさんがうまく回してくれたりと対戦中も和気藹々とした雰囲気で楽しかったです。
(ちなみにここから対戦順番曖昧です、1か月前なので許して)(ひさめさん、じゃすぽけさん、てつさんの構築は決勝トーナメントのツイキャス放送や構築記事などで公開されているので対戦相手のポケモンに関して言及致します、問題ありましたらご連絡ください)

1戦目 VSひさめさん
 オーガの選出圧力で出てきたトリトドンがドラパルトに起点にされるというザシオーガの典型的なサブ勝ち筋に入り込んでしまいボコボコにされました。
 ひさめさんとはお昼ご飯の買い出しの時などいろんな時に喋らせて頂きました。私のようなメジャー構築についての知識がほとんどない人間の話にも付き合ってくださり、おかげでこのWCS環境について多くを学ぶことができました、本当に感謝です。改めて3位入賞おめでとうございます!

2戦目 VSオクトさん
 この構築の唯一強い形である「ゼルネ+受けポケ」選出がうまくはまって勝つことができました。
 これから大学生活していく上でのアドバイスを下さったりとオクトさんともいろいろなお話ができました。ただレートをやっているだけではこういったオフ勢の方々とは交流がなかったと思うので参加してよかったなーと思いました(締めのあいさつみたい)。

3戦目 VSじゃすぽけさん
 ジオコン積んだ瞬間に急所に当たるゼルネアスなんて嫌いだー!!……まあ勝敗はお察しということで。
 まだまだジガルデの理解が甘かったころは「ジガルデ+ザシアンって相性悪そう……」とか思ってたんですが、この環境やっていくにつれて特殊竜伝説に竜耐性で後投げできてダイマをあしらえるザシアンはむしろピンズドなんだなー、じゃすぽけさんの構築スゲーってなりました。

4戦目 VSだんべるさん
 想定していない展開でボコボコにされそうになりましたが、日食ネクロズマの耐久が生きて薄氷の勝利。
 伝説ポケモンに対する大胆な発想とかが非常にアイデアのヒントになりました。こういう構築作れたらポケモン楽しいだろうなー、みたいな羨ましさ。

5戦目 VSZeonさん
 乱数勝ちしたら同速負けする、神様は不正を見逃してくれなかった……。
 Zeonさんの構築はめちゃめちゃ強そうだったので参考にしたいと思わされましたねー、まあ私の力量が足りないので真似はできませんでしたが。非常に話しやすい方で会話キャリーありがとうございました。

6戦目 VSてつさん
 実は普通に動かれたら負けだったらしいが、相手の自慢の技にこちらの自慢の技が完ぺきな返し技になってくれてギリギリ勝てました。
 対戦後誰よりも感想戦を長くやっている姿から本当にポケモン好きなのが伝わってきて尊敬の念でしたね。てつさんともオフの後の移動中などにたくさんお話しさせて頂きました、いろいろお褒めの言葉を頂いたり年上の距離感を教えて頂いたりとありがたいことばっかりでしたねー。

戦績
3-3 初参加だった第5回真皇杯東海予選は2-4だった(はず)ので進歩……かな?
今まで一度も予選抜けしたことがないので次参加するオフでは予選抜けが目標ですね。

決勝トーナメントの時
 敗者の醍醐味といえば決勝トーナメントの時に他の人と会話しながら試合を観戦できることですよねー!前回のオフの時もやっすんさんと「あの原種ガラガラってどういう採用意図なんでしょうか?」みたいなことで話し合ったり、リホウさんとらみさんの試合を後ろから観戦したりといろいろな思い出があります、オフの醍醐味は対戦後にあり!今回もやっすんさんとザシアンをどうやって成敗するかについて話したり、ひさめさんの試合を後ろから観戦したりしていました。ひさめさんVSみたらしさん、ひさめさんVSじゃすぽけさん、すともさんVSフリテンさん……。オフという少ない試合数だと運が偏ることが多くて面白かったですねー。3位決定戦や優勝決定戦は非常に見ごたえがあったのでらんのすけさんのツイキャスから是非ご覧ください。

オフ後
 オフが終わった後運営の4人+オクトサン・みたらしさん・ひさめさん・私の8人でちんまり二次会に行ってきました。飲み会は初めてだったのですが飲み物1杯300円という価格基準にカルチャーショックを受けました……。しかし、メンバーの中で私が最年少ということでらんのすけさんに代金をおごっていただきました、ありがとうございます!!ポケ勢が集まってダラダラ試合の振り返りするの楽しすぎました。

感想

 3年前に初参加した後はコロナと受験のせいでオフ会に参加できていませんでしたので、ひっさびさのオフ会がめちゃくちゃ楽しかったです!普段Twitterでしか関わっていなかった人に会えたり、逆に知らなかった人と仲良くなってTwitterでも繋がったりとポケモンを通じて人間関係を紡げるオフ会という場は素晴らしいですね。これも素晴らしい人格者の方々が自分たちの時間を削ってオフ会を開催してくださったおかげです、心より感謝致します。芹沢博文九段の名言に「先輩にしてもらったことは後輩に無償で返せ」というものがあります、ですので私も皆様に信頼していただけるような人間になってオフを主催したいと思います。そのためにももっとレートや仲間大会、オフ会参加を頑張っていかないといけませんね。

 改めてになりますがこんな素晴らしいオフ会を主催してくださったらんのすけさん、運営のよにいちさん、てつさん、カラーさん、対戦してくださったDブロックの皆様含め当日オフ会場にいた皆様、そして最後に一人暮らしの準備などを私が竜舞オフに参加している間にやってくれた両親、本当にありがとうございました!またいろいろな場面で絡む機会があると思いますのでその時はよろしくお願いいたします!

ライトノベルを語ろう【第0話 最近読んだ本】

 皆様お久しぶりでございます、きてふわです。せっかくブログをやっているのに構築記事しか上げないのもどうかと思い、今回は最近読んだラノベにまつわることを雑多に書き下そうと思います。同級生やポケ勢の方々でもnoteを使う方が増えてきましたが、ブログはやはりこの「自分の庭」感が魅力ですね。(この先ネタバレあり)

続きを読む